カンボジアという国は

インドシナ半島南部に位置し、人口約1,630万人(2018年統計)。国土面積は約181,000㎢で、日本のおよそ半分ほどである。
1970年にロン・ノル親米政権によってカンボジア王国が倒されてから長い内戦期間を経て、1993年、立憲君主国として、現在のカンボジア王国が誕生した。首都はプノンペン。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カンボジア内戦

熱帯およびモンスーン気候帯に属し、5月から10月が雨季、11月から4月が乾期である。
国の中心部にトンレサップ湖があり、そこから流れるトンレサップ川はやがてメコン川に合流する。雨期にはメコン川が逆流し、トンレサップ湖は乾期のほぼ10倍の広さとなる。

湖の北辺にクメール王朝のアンコール遺跡群(1992年世界遺産登録)がひろがる。他の2か所の世界遺産、プレア・ヴィヒアとサンボー・プレイ・クックも、観光基地はシェムリアップであり、年間200万人以上の外国人観光客を受け入れている。