3月14日、12年間暮らした中国山西省黄土高原の村を引き払っていったん日本に帰り、7月16日、カンボジアの首都プノンペンに到着しました。この地であと10年、も生きられるかどうか定かではありませんが、いちおう“家財道具”らしきものを担いで、といってもスーツケース一個だけですが、アンコール・ワットのある町、シェムリアップに根っこを下すことにしました。

なぜカンボジアかというと、忘れもしない昨年8月10日、いつものごとくぼーっと歩いていたところをバイクにはねられ、脳天からぶち落ちてもなお、しぶとく九死に一生を得たいきさつがあり、それはあたかも、この私を、アンコール・ワットが呼んでいるのではないか、という気にさせたことが最大唯一の理由です。

しかし、いくらかでも“収入の道”を探らなければ生きてゆけない身分なので、何か商売をしようと考えていた矢先に、事故の時の“命の恩人”ともいえるセイハーが、雇われ先の都合で失職してしまい、これもまた縁と定めて、彼と一緒に旅行代理店を開設しようということになったのです。

会社の名前は決めました。「ゆっくり旅本舗 in カンボジア」です。字面通り、あわてず、あせらず、ゆっくり、のんびりと、小さな旅のお手伝いをさせていただくつもりでいます。

私はすでに高齢者の域に達し、おい大丈夫か、そんな歳で起業なんかして、と昔の友人などは心配もしてくれますが、その分というか、相棒のセイハーはバリバリの31 歳、ジムで鍛え上げた肉体は、プッチン!とはちきれんばかりで、車椅子ごと階段の上り下りもできるくらいの力持ち、かつイケメンです。現在、毎日泣きながら日本語学校に通っています。

f:id:natsume2018:20181019233437j:plain

この先、国に旅行代理店の資格申請をしたり、他にもあれこれしなければならないことが山積みですが、正式な資格を取得するまでにまだまだ時間がかかりそうなので、まず先に、この場でぼちぼち“観光案内”をしてゆくつもりです。いずれHPに移行させて、内容も充実させてゆくつもりなので、どうかよろしくお願いいたします。

f:id:natsume2018:20181019233412j:plain

2枚の写真は、広島地方を襲った水害の後に、Facebook上でシェアされていたものです。このカンボジア人の優しさも、私をこの地への移住を決意させた大きな理由です。