7月16日早朝にプノンペンに到着して、翌々日には隣のカンダール州にある Prek Oum Pel という村に行きました。この村が、これからシェムリアップで一緒に仕事をしようとしている相棒のセイハーの実家です。

f:id:maotouying:20180809132917j:image

f:id:maotouying:20180809132942j:image

すでに、この5月に一度行ったことがあるのですが、メコン河をフェリーで渡った対岸の中州のようなところにあって、集落を出ると広々とした農地だけが広がる完璧な田舎でした。写真はフェリーの中からみたプノンペンの中心部です。

f:id:natsume2018:20181019151337j:plain

この颯爽とした後姿がセイハー。

f:id:maotouying:20180813180118j:image
中州にある家ですからプノンペンなどと比べればずっと涼しく、夜は高床式の広い部屋で、みんなで蚊帳を吊って寝るのです。クーラーがダメな私は、これをぞっこん気に入ってしまって、今回もさっそくお世話になることにしました。

f:id:natsume2018:20181019151555j:plain

どんなに田舎に行っても、お寺は立派です。

到着した夜、すぐ近くで葬儀(通夜)がありました。さすがに遠慮して、翌朝“調理場”の方に寄って、手作りの焼酎などごちそうになっていい気分になっていたら、セイハーに連れ戻されましたが、“葬儀ウォッチャー”の私としては、この先もこういった場には、果敢にチャレンジする予定です。