街の中心部にプーシーの丘という、150m(海抜700m)ほどの小高い丘があって、そこに登るとルアン・プラバンの街が一望できます。ルアン・プラバンは、メコン河とその支流であるナムカーン川に挟まれた、半島のような地形になっていて、中心部は徒歩で十分にまわれる小さな街です。

f:id:maotouying:20180826214811j:image
f:id:maotouying:20180826214947j:image
どうやら丘の上からメコンに沈む夕日を見るのが、観光客のお目当てのようですが、今日は雲がかかっていて、それはかないませんでした。

f:id:maotouying:20180826214914j:image
反対側がナムカーン川の光景。なんだかヨーロッパの地方都市のような風情ですが、よく見ると川の色が違いますね。この赤茶けた土の色は、まぎれもなくアジアの川です。

f:id:maotouying:20180826215358j:image
丘の頂に燦然と輝くのが、タート・チョムシー。

実はこれらの写真を、LINEをやっている何人かの友人に現場から送ったのですが、その中で絵描きをやっているある人から「アジアの色ですね」という返信がきました。なるほどね、と思ったのですが、イヤ待てよ。私は最近になって、これらのアジアの地域で使われている寺院建築の色は、まさしく“極楽の色”ではないかと思うようになっているのです。

思えば日本の社寺建築に類するものは、どうしてあんなに暗い色をしているのでしょう?建立当時は極彩色に燦然と輝いていたという話も聞きますが、少なくとも現在古寺巡礼をする限り、どこもかしこもドブネズミ色をしているではありませんか?死後の世界がこんな色ではますます行きたくなくなりません?

f:id:maotouying:20180819101805j:image
f:id:maotouying:20180826224238j:image
f:id:maotouying:20180818112048j:image
そこへ行くと、アジアの寺々は、明るく眩しく煌びやかに、衆生の民をこの世の極楽に誘い込んでいくような風情ではありませんか?こういう黄金色こそ、やがては訪れたい極楽の色ではないかと、民は憧れ、ひざまづき、お布施を出して祈りをささげるのではないでしょうか?

f:id:maotouying:20180819101832j:image
これは棺。徳を積んだ高僧が葬られるときには、こんなに華やかな棺桶に入れられて、メコンの流れに浮かべられるのでしょう。“極楽色”の船に乗って、粛々と“極楽”へと旅立ってゆくのでしょうね。

と、私がそんな風に思うのも最近のことで、これこそが古来貧しかったアジアの人々の、自らの食を削ってでも喜捨を忘れず、来世こそはより豊かにと、願い崇める憧れの色ではなかったかという気がするのです。