カンボジアといえば、アンコール・ワットですが、クメール王朝が衰退して後、近代に至るまでどのような歴史をたどったのかは、日本人にはほとんど知られていません。(もちろん私もぜんぜん知りませんでした。)

プノンペンから北西に50キロほど 行ったウドンの丘では、1618年からフランスの植民地となる1866年までのおよそ250年間に、歴代のウドン王が100を超す寺院を建設したとされています。多くはベトナム戦争と内戦の混乱の中で破壊されてしまったのですが、現在も建設当時のままに奇跡的に残っているもの、のちに新たに再建されたものなど、美しい仏塔が、遠くを走る国道からも目を引きます。

プノンペンから片道2時間ほどで日帰りができる観光遺跡なのですが、私たちはカニのケップを10時頃に出発して、一路ウドンを目指しました。ケップを出るころは雨混じりだったのですが、北上するにつれ天気は回復し、ウドンに到着する頃には強烈な陽ざしに目がくらみそうでした。

509段の石段を登ってたどりついた白亜の殿堂も、あまりに強い逆光のために鼠色になってしまいました。これは2002年にモニボン王によって建立されたものです。ウドンの丘の最高地点にあり、靴を脱いでテラス(?)に出ると、あっ!と叫んでしまう絶景が目の前に現れます。

テラコッタ色の屋根、黄金の仏塔、緑の森という風景は、カンボジアでも何度か見ていますが、ここほど美しいと思ったところはありませんでした。メコンの恵みとでもいうのでしょうか、この頂に立って民を統べていた古代の王は、きっと暴虐な権力者ではなく、仏教を庇護し、慈悲の心を持ち、民衆から尊崇された王ではなかったのかと、私にしてはえらく寛容な心持になってしまいました。それくらい心にしみる美しい景色だったのです。

アンコール形式の四面仏。たったひとりで200年以上もの間ここに立ち続けていたのかと思うと、孤独感に胸がチクりと来ました。

見かけによらず敬虔な仏教徒のセイハーは、あっちでもこっちでも祈りを捧げていて忙しそうでした。ウドンの丘は、普段からカンボジアの人たちの信仰の山として賑わっているのです。

ちなみに、日本の「うどん」のルーツはウドンにある、という説もあるそうです。徳川時代に両国の交易が盛んになり、プノンペンには日本人町も形成されていたようです。その当時の日本人が、ウドン界隈で食べた麺類を日本に持ち帰り、うどんとなったとか。真偽のほどはわかりません。

プノンペンから行く場合は、セントラルマーケットの相乗りタクシーのたまり場から、ウドン行きが出ているようです。マーケットまで行って、ウドン、ウドンと叫んでいれば、誰かが教えてくれます。