カンボジアのお祭りで一番盛り上がるのが、陰暦の12月の満月の前夜からの3日間、今年は11月10,11,12日の「水祭り」です。もちろん職場も学校もお休みになります。

実はこれはシェムリアップではなく、昨年のプノンペンの写真です。ドラゴンボートと呼ばれる木製の細長い手漕ぎのボートで、メコン川とトンレサップ川の合流点辺りでレースが行われるのですが、300艇、2万人の人が参加したそうです。お寺(つまりそれぞれの村)に所属するものがメインのようですが、最近は企業がボートを出すことも多いそうです。写真見ただけで興奮しますよね。

こちらは昨日のシェムリアップ。比べれば控えめではありますが、1艇に22人が乗って2艇ずつのレースでタイムを競います。数えてみたら、どうやら36艇のようです。この不安定なボートを繰るというのは、かなりのチームワークが必要とされるわけで、祭りが近づく頃には、シェムリアップ川で練習している姿をよく見かけます。前半分ほどが座って漕ぎ、後ろの方は立ち漕ぎになります。

川沿いと、隣のロイヤルパレス前の公園には、ずらりと屋台がならんで、ここはもう前日から大賑わい。

イカ焼きが大人気でした。値段は10000リエル。4000リエルで1ドルです。この串になっただんごみたいなのは、フィッシュボールなどで、スーパーなどでも冷凍品をよく売っています。私が思うに、これはもともと日本製というか、日本向けに中国などで生産していたものが、あちこちアジアの国々に流れてきたのだと思います。カニカマとか、そのまんま日本の味ですから。

長かった雨期もようやく明けました。もちろんまだ降ることはあるでしょうが、このところ気温も湿度もいくらか下がって過ごしやすくなりました。

明日はいよいよ雨期明け第1号のお客さんがやってくるので、トンレサップ湖まで行ってきます。