私がカンボジアに来て以来、こんなに涼しくて凌ぎやすい日は初めてだった昨日、関西からいらしたお客さん達と、コンポンプルック村へ行ってきました。水位のピークはすでに過ぎていて、どんどん下がっているそうです。

この写真の左側のお宅に‶上陸″して、みんなで昼ご飯を作って食べる、というプランです。来る途中のオールドマーケットで、チキン、エビ、マッシュルーム、野菜などの食品を買いそろえました。

下準備だけお手伝いしましたが、あとは全部おばちゃんにおまかせ。このおばちゃんの作る料理はとてもおいしくて、しかも手早いのです。包丁捌きも豪快です。

高床式の家はだいたいどこも木で造られていて、間仕切りのない大きなひと間です。手前右側に切れ込みがある部分がありますが、、、

ここから下に降りる階段があって、、、

この家では雑貨屋さんをやっているのです。

で、店の前がこんな道になっています。左側の1軒がおばちゃんの家で、その左側がトンレサップの湖面ということになります。雨期の水位が一番高い時には、この道も水の中に沈むそうです。道に面した側が‶玄関″で、ボートで上陸する側は‶裏口″になるようです。

おばちゃんの家のすぐ前が、キッチュな感じのゲストハウスになっていました。去年は見なかったのですが、この村にも観光開発の波はひたひたと押し寄せてきているようです。

村の小学校。去年はこんな説明版や Donation Box はありませんでした。もちろん他にも学校はあります。子どもたちはたくさんいるのです。

と、外をウロウロしている間にご飯ができました。

いっただきま~す!