陽も沈みかけて涼しくなってから、国道6号線をママチャリで走りました。だいたい毎日運動のために出かけます。40ドルで買った日本製丸石自転車の中古ですが、今も2009年埼玉県警察のナンバープレートが貼り付いています。カンボジアにやってくる前には、どんな人が乗っていたのでしょう?

途中、何やら賑やかな音楽が聞こえてきて、日ごろは空き地になっているところにこんなゲートができていました。BIKE MEET, バイク愛好家たちの親睦パーティーのようです。ちょっとママチャリを停めて、中に入ってみました。

SUZUKI , HONDA もありましたが、やっぱり地味目。マニアならよだれが流れそうなマシンが目白押しに並んでいました。

この INDIA というマシンは、インド製なんでしょうか?

VESPA も並んでいました。街でも時々見かけます。

これらは売り物ではなく、みなさんそれぞれ個人が所有の‶愛車自慢″の催しのようです。ライブの舞台が設営され、ドリンクやフードの屋台も出ていて賑わっていましたが、実はその中にカンボジア人の姿は、ほとんどみかけることはなかったのです。ほとんどすべてが西欧系の人たちでした。実はシェムリアップに住んでいるヨーロッパ系の人たちはほんとうに多いのです。

こんなペットを連れているおばちゃんもいました。いったいどこの国に居るのか、さっぱりわからない奇妙な夕暮れでした。